メリット・デメリット

転職というのは、学生生活から社会人になり、自分で働いて給与を貰った会社を去ることをいいます。社会人としてスタートした会社を去るということは、最初に身に着けた経験と知識を捨てることになります。知識はお金で買うことができますが、経験は時間で買えるものではありません。職人の世界では10年・20年掛けてようやく取得できるものもあります。まだ入社して1年しか経っていなくても、その1年を捨てることになります。確かに、若いうちは取り返しがつくといいますが、入社してからの1年間の経験は、30代に入ってからの1年とは比べることができないほど貴重な経験なのです。
ただし、転職を考えるにはそれなりの理由があるものです。職場を変えることが何でも悪いわけではありません。短い期間の経験であっても、その経験を生かす職場かどうかを考えることです。自分の将来のあるべき姿を描き、それに向かって進もうとする人は自分を成長させてくれる会社に移って自らを鍛えていくことは大いにやるべきです。大切なことは、目の前の仕事を置き去りにして、お金や名誉・地位のために転職をすることは短絡的で、次々に職場を変えるだけで仕事のレベルを上げることができません。

賢い転職活動のしかた

転職をする上で困ってしまうのはエントリーしまっくてるのに面接まで行けない事だと思いますが、賢くやるとすぐに面接までいけて、しかも面接も通りやすくなるやり方を記載します。
それは、転職エージェントを使う事です。エージェントとヒヤリングを行いながら自分のやりたい事ややってきた事、面接のやり方まで丁寧に教えてくれますし、希望の職を探して提案してくれます。エージェントと話す事によって自分の経歴を見直したり、履歴書や職務経歴書を修正してよく出来たりするのでかなりおススメ出来ます。
そして、話をする事によってコミュニケーションが苦手な人でもアドバイスをもらえたり、何回も話をするので面接の時も緊張はしますが自分の言葉でうまく話せるようになりますし、自信が持てるようになります。
ただし、注意しないといけないのは転職エージェント会社も星の数程ありますので、見極めが必要となりますので何社かお話しをするか、ネットなどで調べるのは必要だと思います。初めから1社に絞ってしまうと失敗してしまうなんて事もありますので注意が必要です。
大手などに登録するのが1番安心なのかなと思いますが、それは実際にやってみて体験するのがいいです。

便利なサイト

営業の転職サイトでは、営業職という特定分野での求人に特化し、さらに、営業職での転職情報についても紹介されています。